子ども達の姿

ひまわり あそんじゃうで〜

ひまわりさんだけであそぶ日『あそんじゃうで~』をしました。

「なにするんやろ~」とわくわくの一日がスタートしました。

お揃いの仲間Tシャツがまぶしいです☆

 

ひまわりさんに手紙が届いていました。

手紙には「仲間をさがして、宝物を見つけようと書かれていました。

 

「○○ちゃん、こっちやで!」と仲間探しがスタート。

 

 

 

無事にチームが決まると、みんなでヒントを頼りに、宝の場所を見つけました。

そのときの写真は幼児廊下に掲示しています。

子どもたちの笑顔、見てください。

 

宝さがしの後は、チーム対抗の宝(ボール)集めゲームをしました。

たくさん宝(ボール)を集めたチームが勝ち!

みんな真剣勝負。

三回戦して、全チーム一回ずつ勝てました☆

「あ~たのしかった。」

「くやしかった。」

「勝ててうれしかった。」

いろいろな気持ちを感じました。

 

いつもと少し違う特別な一日。

次は八瀬。

またひまわりさんみんなで、楽しい思いで作ろうね。

 

 

 

 

 

 

 

たんぽぽ 園庭には魅力がいっぱい!

たんぽぽの園庭遊びの様子を紹介します!

園庭にでると…

砂、葉っぱ、水…

いっぱい触って遊んでいます。

きょうは なにして あそぼうかなぁ?

指でツンツン!どんな感触かな?

水遊び〜パシャパシャ〜気持ち良さそうです。

いち に いち に♪ 東門で坂登り〜

園庭には大きなタイヤもありますよ。

葉っぱをにぎにぎ。草がプチンとちぎれるのもまた面白いという様子です。

フープもお気に入りです!

つかまり立ちをしながら、景色を眺めたり〜

東門で車を見るのもお楽しみです♪

明日もいっぱい遊ぼうね!

【幼児】梅干し&梅ジュース作り

2021年6月15日(火)

にじ・ほし・そら

梅干し&梅ジュース作りを楽しみました

 

 

ここで「梅」について少し

「梅」の字の語源は…

「木へん」と「毎」からなる梅という字

「毎」は象形文字で本義は氏族社会の中で

子どもを最も多く育てた母親のことだとか

 

梅が実をつける時

必ず枝枝全てに

累々と実をつけていることから

人々は梅を一種のめでたい樹木

と考えたようですね

 

「梅」という字は

こうした由来で生まれた

という説があります

 

梅の語源は

子孫繁栄で

めでたい話なのですね

梅の歴史|梅を知る|一般財団法人梅研究会から引用

 

 

さぁ、クッキングの様子を紹介しますよ~

まず爪楊枝で

梅の

おヘソ?帽子?

クリっと

とります

 

つぎに

優しく梅の水分をふき取って

 

 

 

キレイな

梅です

 

拭いた梅を

ビンの中へ入れていきます

「おいしくなってね~」

と優しく話しながら

ビンへ入れている

姿が印象的でした

梅ジュースは

氷砂糖と梅を交互に

入れていきます

 

梅干しは

塩とホワイトリカーに

まぜて入れていきます

 

最後はフタをして

よ~く振ります

「おいしくな~れ」

「おいしくな~れ」

 

 

そして

完成です

 

あとは、しっかり漬かるのを待ちます

 

梅干しと梅ジュースは各クラスに置いて

水分が毎日増える様子や

色々な変化を楽しんでいます

 

今年も

暑くなりそうな夏

 

梅干しパワーで色々な事

乗り越えていきたいと思います

 

むしさん、こんにちは!〜幼児〜

園庭あそびが気持ちの良い季節になりました。

活動的になるのは、虫たちも同じようです。

園庭には、たくさんの虫たちがかくれんぼをしています♪

子どもたちは、どこが虫たちのおうちなのかを

よく知っているんですよ!

「このなかに、たんごむしがいるねんで!」

 

「ほら!だんごむし いたで!

ともだちいっぱいあつまってうれしいかな?」

「だんごむしは、かれたはっぱがすきやから

たべさせてあげるねん!」

 

「だんごむし みせて!」

「いいよー!」

「いっぱいいるな!」

 

だんごむしをたくさん集めたり、友だちと探したり

一緒に眺めることを楽しんでいる子どもたちです。

 

こちらは、てんとう虫です。

そーっと優しく捕まえましたが

飛んでいってしまいました。

「おーい!またあそぼうねー!」

 

おや?ここにも何やら虫がいるようです。

「なんか、むしいたよ!」

「どこ?どこ?」

「なめくじー。」

 

虫探し名人の子どもたちは

葉っぱと同化しているカメムシを見つけることも

お手の物です!

「このむし、ずかんでみたことある!」

部屋に入るとさっそく図鑑を広げていました。

 

「みつけたむしは、これや!」

 

虫探しを通して、友だちとの広がりや

自然との触れ合いを大切にしていきたいと思います。

 

 

早くおおきくな~れ ~かぜ~

先月、子どもたちと一緒に植えたプチトマトは日に日に大きくなっています。

 

 

  子どもたちもじ~と見ながら「大きくなった?」

「もう食べられる?」と成長をとても楽しみにして います。

 

「おおきくな~れ」「おおきくな~れ」と言いな がら水やりもしています。

その他にもかぜの2階には楽しみがあります。

だんご虫を見つけたり(園庭よりも大きなだんご虫が見つかります!)

「あっ、はんきゅう♪」と言ってよく見える阪急電車に大喜びしたり、トラックや救急車等、はたらく車もたくさん見ることができます。

 

園庭に居るお友だちに「オ~イ」と声もかけています。

トマトの成長を楽しみながら、これからも子どもたちと一緒に多くの発見をしていきたいと思います。

PageTop