給食室ブログ

まん丸お月見団子づくり

今日は、24日の十五夜に先駆けてお月見団子づくりのクッキングを行いました。

白玉粉と上新粉、そして少しの三温糖と水を入れて捏ね合わせた生地をみんなで丸めてお団子を作るのですが、かぜさんは「むずかしいな~。」と言いながら指先にたくさんつけてがんばって丸める子や、「じょうずやろ~。みて~!」ときれいな丸に次々と丸めていく子など様々な姿を見ることができました。

「たのしみやなぁ。」と先生と一緒にお話し中…。

「おいしくな~れ!」とおまじないをかけています♪

 

幼児さん(にじ・ほし・そら)は、両手の間に挟んで力加減を考え「おつきさまみたいにまんまるにつくるねん!」と時間をかけて丁寧に丸める子、きれいなまん丸ではなくてもいっぱい作ることが嬉しい子など、子ども一人ひとり個性が詰まったお団子ができあがりました!給食の時間には「きゅうしょくたべおわったらおやつやなぁ。」とお昼寝の前からすごく楽しみにしている子もいました。

作り方です。わかりやすくてかわいいですね!

丸めたお団子を繋げています😊

給食室で炊き上げた甘いあんこ(北海道産小豆)を添えて「あま~い!」、「おだんごツルツルしてる!」とワイワイ話が弾みました。

 

暑い夏を乗り切ろう!

 暑い!暑い!猛暑が連日続いていますね。

 給食室では、夏野菜をたくさん使用し、しっかり体を冷やして栄養も摂れるようにと毎日の献立を考えています。

 最近は暑さから来る疲れもあってか、おかずよりも汁物を好んでよく飲んでいる傾向にありますが、さっぱりと口当たりのよいものにしたりと今後も元気に楽しく食べられるような給食作りをしていきたいと思います!

 

今日の給食は幼児さん手作りの梅干しを混ぜ込んだ梅干しごはん茄子のさっぱり煮キャベツのごま和え南瓜の味噌汁でした。

 

梅干しご飯は大好評で「おいしい」「だいすき!」と言いながらたくさん食べていましたよ。

 

梅干し、梅ジュースができました。

 6月の半ばに梅干しと梅ジュースのクッキングを行いました。

梅干しは塩に漬けたあと、2週間ほどのちに赤しそを入れて、干してようやく7月末に食べられるようになりました。

梅ジュースは氷砂糖と漬けて1ケ月ほど経てばできあがり!今年はとても暑かったのでカビが生えないか、梅からしっかり水分が出てくるか心配でしたが、おいしい梅干しと梅ジュースが出来上がりました!

 

梅干し作り、どんな風になるのか興味深々です。

赤しそが入ってこれから赤い梅干しになっていきます!にじさんでは「しその赤が梅干しの赤をつくる!」と言っている子がいたり、そらさんでは、「うめこのお化粧やで~。」とみんなそれぞれ楽しそうでした!

梅干しをザルにのせて干し、食べられるようにまりました!

甘~い水分が出ておいしい梅ジュースになるように毎日眺めていました。

できあがった梅ジュースと枝豆を「すっぱいけどおいしい!」とニコニコいい笑顔でした!

 

 

 

今日のおやつはなんだろな。

 今月の給食だよりにも掲載していましたが、今日のおやつはイースターの時に食べるホットクロスバンズでした。

 食べる前に名前だけを聞いた子ども達は、その名前の難しさに「なにそれ~?」と言っている子どもが多かったのですが、レーズンが入っていることや、パンであることなどの話をすると「たのしみ~。」とおやつの時間が待ち遠しいようでした。

おやつの時間、小さな子ども達は「ぶどうがはいってる~。」と不思議そうに見つめて食べていた姿がかわいかったです。

 

パンの中にはシナモンとナツメグの香辛料が入っていたので、「からいたべもののときとおなじあじがする。」と言っている子がいて、コショウ等の香辛料と似た感じがしたのでしょうね。おもしろい表現ですごいなと思いました。

レーズンをパンの中からとり出して、パンとレーズンを別々に味わう子、普段レーズンを食べないけれど今日のおやつはおいしいと言って食べていた子、様々でしたがみんないっぱいおかわりをしてたくさん食べました!

  

「ぜんぶたべたよ~!」

さくら お別れクッキング!

 9日の金曜日に、ピザ・スープクッキングがあり、さくらさんが保育園みんなの給食を作ってくれました。

 粉からピザ生地を作るのですが、さすがさくらさん!1月のクッキングでうどんを作っているので慣れた手つきで混ぜて捏ねて…と、とっても上手でした。

 スープの野菜をちぎった後で、ピザ生地を延ばしたり、ソースを塗ってトッピングをしたり大忙しでしたが、カリッとおいしいピザと、野菜がたっぷり入ったスープができあがりました!

 

ピザが膨らんでしまわないように、生地に穴をあけています。これは芸術作品!色々と気持ちを込めて楽しんでいましたよ!ソースを塗って隠れてしまうのがもったいなかったです。

 

どのクラスも「なんまいでもたべられる~!」、「おかわりいっぱいするし!」とピザもスープもたくさん食べていました!

さくらさんは「しょうがっこうにいったら〇〇やりたい~!」、「きゅうしょくってどんなんやろう?」など賑やかに話をしながらいっぱい食べていましたよ!

 

 

1,2,3,4!煮込みうどん!

 明けましておめでとうございます!今年も元気に過ごせるように願いを込めて、煮込みうどんの全体クッキングを行いました。

 はな組の子ども達が保育士と一緒にちぎってくれた白菜、かぜさんが手を油まみれにしながら楽しくちぎってくれた油揚げとこんにゃくちぎり。

幼児のきくさんは人参と大根をかわいらしく型ぬきしてくれ、ゆりさんは包丁とまな板を使って人参と大根をいちょう切り、ひまわりさんはメインのうどんを粉から混ぜて作り、みんなの気持ちのこもった煮込みうどんが完成しました。

「おなかいっぱい。」「おかわりいっぱいしたよ。」とぜ~んぶ食べきってごちそうさまでした!

 

 

「1、2、3、4、に~こみうどん!」と楽しく2人でうどんをふみふみ…。

 

 

りんごまるかじり体験

 年に一度ですが、この季節に長野県のりんご農家さんから届けてもらっている、オーガニックりんごのまるがじり体験をします。

きく・ゆり・ひまわりはまるかじり、かぜぐみとはなぐみは皮つきでカットしたものを食べています。皮はしっかりした硬さがあり、ちょっと戸惑う子どももいましたが甘くてとてもおいしかったです!

 ひまわりさんは3度目なので、芯のまわりまでしっかりと食べていました。すごいなぁ!

 「まえばがないけどたべられたよ。」(ひまわりさんは歯の生え変わりの子もいたりします)と満足そう!

 丸のまま1個食べるとお腹もいっぱい、ごちそうさまでした!

ハロウィーンの南瓜プリン

 今日のおやつはハロウィーンバージョンの南瓜プリンでした。

 たんぽぽさんは、まだお化けに驚くことはありませんでしたが甘いプリンをパクパク食べていました。ちゅうりっぷさんでは、ジャックオーランタンやお化けに形どった南瓜を見て、「おばけ~?」と聞き返している子がいたり、すずらんさんは「おいしかったよ~!」と伝えてくたり、かぜさんはニコニコといい笑顔を見せてくれました。幼児さんではハロウィーンパーティーが行われ、「みてみて~!」と自分で考えた南瓜プリンの踊りを披露してくれる子もいましたよ‼

「ハッピーハロウィン!」みんなでおいしく、楽しくいただきました。

 

台風の後の防災献立

 昨日からの台風で大変でしたね。今日はこれからも食材の入荷が困難であったり、台風などの災害で給食が提供できないことを想定して、備蓄品や乾物を使った防災献立に変更しました。

 メニューはツナ丼(ごはん・ツナ・白菜・玉葱・人参・ねぎ・干しごぼう・切干大根・三温糖・醤油・みりん・酒・片栗粉)とわかめのすまし(わかめ・じゃが芋・春雨・醤油・塩・みりん・昆布・かつお)でした。普段と少し違う献立でしたが、あんかけ丼だったので食べやすく、「とろとろしておいし~!」とたくさん食べていました。

 おやつもういろうに変更しましたが、口当たりがよく、子ども達が大好きな、きな粉をたっぷりかけておいしくいただきました!

 

 

お月見団子クッキング

 

今日はかぜと幼児クラスのお月見団子丸めのクッキングをしました。

保育士が子ども達の目の前で、白玉粉・上新粉・三温糖を水でこねるところから始まります。

かぜ組は初めてのクッキングでなかなか思うように丸められない子もいましたが、

上手に丸めている子やへびのように長く伸ばしている子もいて、とても楽しんでいる様子でした。

 

 

幼児のクラスは、小さな小さなお団子を作って、

「かわいいやろ!」と言ったり、ここでもへびが登場していましたよ~!

子ども達同士でお互いの団子を見比べて、

「ちいさいなぁ~」「へびにしたらあかんぇ」など話しながらの楽しいクッキングになりました。

 

幼児のお部屋では、「おいしすぎて牛乳飲むの忘れてた!」など、みんな食べるのに夢中!

あんこは甘さが控えめでとてもおいしく食べました。

 

PageTop